4月29日

銀山も魚野川も年券買ってたけど雪もあるし、水も多いしで結局GWまでずれ込んでしまった。

水量的には最悪を覚悟しての釣行となった。

まずは湯沢の野口裏。
c0232813_20231641.jpg
川がフルモデルチェンジ。

手前の流れを潰して向こう側の本流に流れをまとめただけ。

治水に詳しいわけではないが何のための河川工事かさっぱり検討がつかない。

釣り人のエゴかもしれないがもう少し人のため、魚のためになる公共事業のあり方はないものか?


雨が強く降り始めたので一旦撤収。状況把握を兼ねて下流へ。

六日町到着

雨のせいで凄い水量。
ここで雷雨に変わり手も足も出ず。

旭橋下流。
c0232813_20162552.jpg
居そうな場所は何ヵ所もあるけど毎回お留守。

2011年大水以降は川の構造が変わった。旭橋付近には魚がいなくなったと思う。

いや、いるのかもしれないが釣れない魚は釣り人にとっては居ないに等しい。


さらに小出まで行くも雷雨が本格化。釣りどころではなくなる。

銀山のほうでもビカビカ光っている。


雨が止むのを待っていてもしようがないのでお天気アプリをチェック。

雨雲がかかっていない塩沢方面に向かう。


塩沢地区のかつての名ポイント『日通裏』

ポイントがフルモデルチェンジを経て全く食指が伸びなくなった。
c0232813_20163131.jpg

奥に良さげな落ち込みがあり一瞬足が向かい始める。

その瞬間に落ち込みから川鵜が顔を出して飛び立っていく。

河川改修だけではない。
川鵜もまた魚野川不調説の一因。

あの勢いで食いつくされたら、ただでさえ少ないヤマメや虹鱒なんて根こそぎ瞬殺でしょう。

渓流釣りは言うに及ばず本流釣りでもポイントは熟知せずとも川の付近の大石やテトラに鳥の糞があれば鉄板のポイントと言える。

『おお、良いね。ここ、いそうだね』という淵や落ちこみ付近には必ずと言っていいほど魚食鳥の糞がある。

川鵜等の脅威が顕著になればなるほどイワナはテトラ最深部の底にへばりつき、スーパーレインボーは太く、深く、荒い流れの流芯の底に鎮座するようになる。

こうなると擬似餌ではお手上げである。
今後は本流餌師の釣果に期待したい。


c0232813_20164613.jpg
最後の頼みの綱、水量に影響を受けない湯沢のGALA湖に来てみるもアタリなし。

以前は鯉やウグイを始め、イワナや虹鱒の越冬個体がたむろっていた。

ここも流れが変わってからいまいち。
相当浅くなった?


左手の用水路の落ち込みは上流からの生活排水の温水が流れ込むのでこの時期は魚がいることが多い。

ここもお留守。
あまりのドブ臭さに閉口する。

今日はここでおしまい。


4月30日

朝5:00に目が覚めるがすごく寒い。
布団から出る気が起きず結局6:30に出る。



c0232813_20295138.jpg
大源太湖。堰堤の補修だという話だが浚渫もしたらいかがだろうか?

浚渫しないならこのまま足場を残していっそのこと漁協を絡めて管理釣り場にすれば結構いけるんじゃね?

と勝手な妄想しながらインレット側に向かう。

上流のレストラン付近にはすでに先行者あり。
大源太下流へ。

c0232813_20300038.jpg
さすがGW。要所要所には釣り人がいる。
このポイントは期待したが空振り。
もう少し暖かくなればいいかも。


c0232813_20334524.jpg
塩沢まで下る。

水量的にもう二段階ほど落ち着いてほしい。爆流ではないが流れが強すぎる。

いい場所があってもルアーが浮いてしまいどうにもならない。

魚影、アタリともなし。


c0232813_20345703.jpg


今度は一気に山を登り清津川へ向かう。
写真はかぐら三俣の東電取水堰。
国道17号を三国峠に向かうと三俣のスキー場あたりの右手に見えてくる堰だ。
c0232813_10581153.jpg

この辺一帯は『清津川ダム』として水没する運命にあった。1966年にダム計画の話が持ち上がる。

しかし、地元でも反対も多かったこのダムの建設は2000年代の初頭に頓挫することになる。

ここで取水された水は山を越え発電に使われた後に湯沢Gala湖、つまり別の河川である魚野川に放水される。
c0232813_10580048.jpg

このときに清津川から落ちたエゾイワナ系の『三俣の大イワナ』が山を越え、発電タービンのシュレッダーを生き延び、たどり着いた湯沢Gala湖で釣れたりする。

このため地元では在来のニッコウイワナと区別して『ワープ・イワナ』として熱い釣り対象魚となっている。

この水やイワナの帰属をめぐり、清津川が流れる十日町や魚野川が流れる旧塩沢町&湯沢町の間には昔から確執があった。

湯沢や塩沢で釣りをする人間はその辺の先人の苦労に思いをはせて釣りをすべきである。

その清津川でも例年なら5月終わりのシーズン明けになるのだがもう釣れ始めているらしいと噂を地元で聞いた。

次はGW後半に再挑戦の予定。

(このブログの話は基本は事実に基づいていますが湯沢の酒飲みオヤジ風の法螺話も交えてあります。ご了承下さい)


web拍手 by FC2










[PR]
by ginzanko | 2017-04-30 20:37 | 銀山湖&魚野川釣行記 2017 | Comments(2)

【はじめに】
この記事は奥只見銀山湖のレイクトローリングでいかにボウズを回避するか?を真剣に論じたい、でも銀山で一番釣れないアマチュアが書いています。

このあとは話し半分のエンターテインメントとしてお楽しみください。


c0232813_08103170.jpg

イワナとサクラとニジマスのポイント

イワナは岩盤地帯やガレ場地帯でよく釣れますが沖合いでもよく釣れる。


サクラは通り道が肝になる。解禁から梅雨明けまで活発だけど真夏はお休み。
イワナがメインになる。

サクラは(回遊の)群れがあるので1匹釣れると同じ場所で立て続けに釣れるケースが非常に多い。


大きいサクラは群れの少し下の棚にいることが多い。

ニジマスも似たような感じですがサクラより群れを作る習性は薄い気がします。

基本は出来るだけ遅く引く。

遅くてもしっかりとアクションするルアーが大前提。

サクラマスが活発な時期は速引き(時速5~10キロ)が面白い。


難しく考えすぎない

湖のトラウト釣りはマニアが多いので無茶苦茶詳しくて、色々考えている人も多いです。

風だ、水温だ、サーモクラインだ、そこに数字が加わってくると

『うわぁぁ、やめてくれぇ』

なってしまう『文系・アーティスト系』なあなた。

あなたはそういう小難しい釣りはやめた方がいいです。

そういう釣りは『理系』タイプのトローラに任せましょう。

難しく考えすぎて、苦行まがいのスタイルを自分に強いたら長続きしません。

『文系・アーティスト系』なあなたは


五感を大切にしたほうが楽しく釣りができます。

理論、データよりやっぱり感性❗ そういう方の場合は雰囲気や体感で引いてもいいと思うのです。

その場の雰囲気とか風とか天候を感じながら体感でデータを蓄積出来ます。

『こういう場面で釣れた』
『こんな日に釣れた』

というおぼろげな感覚でも自分の感性と記憶の”データベース”に刻まれていきます。

そういう蓄積が『こういう日はここをこういう風に引いた方がいいのでは?』という直感につながって行くと思うのです。

深く突き詰めて考え、計算しなくても点と点がいつか線で繋がる日が来る。

その日を焦らず待てばいいのです。

たびたび出くわすボーズの日も余興として楽しみながら。

結局のところ、下手の横好きでのんびりやれば良いのではないでしょうか?

全く釣れない日はそういう日だと思って船上クッキングや写真撮影に興じるのも手ですよ。
c0232813_00015987.jpg
写真を撮る

釣れた魚の写真もそうですが地形や山の写真を撮ることで後日復習もできます

スマホなどではGPSで釣れた場所も記録できますので、記録できるので後々役に立ってきます。

私の場合は魚の写真を整理していくうちに、時間データから朝マズメに全く釣れないことが統計的にハッキリと認識出来ました。

スマホでも良いですが、せっかくの風景&時間です。

余裕があれば一眼レフで銀山湖の魅力を最大限に引き出すのも楽しみのひとつです。

c0232813_19321423.jpg

やってはいけないこと

『こうすれば釣れる』と言うノウハウを提供できなくてすみません。

しかし、『これをやっていては釣れない』
と言う自慢の経験は豊富にあります。


① 寝不足を押して無理して湖上に出る

眠いから根掛かりを恐れ、岸や際どいところを避けまくる。

これは坊主へのゴールデンレシピです。

眠気でどうにもならなくなる前に寝ましょう。早朝から無理して出るくらいなら、たっぷり寝て9時出航したほうがはるかにいい結果が出ます。
c0232813_18513327.jpg


② 苦し紛れの徘徊

釣れないときはあちこちの場所を試したくなりますが、状況が好転するよりむしろ迷走につながることが多い気がします。

例えば午前中はダムサイトや仕入れがダメだったから午後は違うところに行こうと考えがちです。

しかし、移動に至る強い根拠がない場合は元の場所に留まった方がいい結果につながるでしょう。

ここ釣れそうなのに釣れないな~と諦めモードに入っていても時合いが突然訪れることもあります。

同じ筋を色んな方向から攻めてみたり、タナを変えてみたり、ルアーを変えてみれば何をすべきか、何をしくじったか、などのヒントが見えてくることがあります。

あっちゃこっちゃ行って迷走しまくると結局何がどうダメだったか皆目見当がつかなくなり、次に繋がらなくなります。


c0232813_23031909.jpg

③ ルアーが落葉や枝を引っかけた疑いがあるのに放置

これ、時間のムダです。100%魚は釣れません。

わかっちゃいるけど巻き上げが面倒くさくて何も引っ掛かっていないことを祈念しながらラインを上げずに放置。

これは皆さんやりがちなので無闇に長くラインを出すのは止めましょう。


ラパラのまわし者ではないですがSuffix
advancedのレッドコアなら6色で普通のレッドコアの10色分の深さが出ちゃいます。

このラインで4色くらい出して手際よくひいた方が良い結果につながるはずです。

c0232813_15020837.jpg


c0232813_12590834.jpg

④スイムチェックを経てないルアーを投入する

活きのいいサクラマスなら別ですがルアーがグルングルン回転してしまったら普通は釣れません。

トゥイッチ無しでは持ち味が活きないDコンを素引きでやっても結果は望めないでしょう。

最初に使うルアーは必ずスイムチェックで動きを確認して、魚探やスマホの速度計アプリでそのルアーがどんなスピードでどんな動きをするのかをチェックすることがとても大切です。

オマケ030.gif
最後に私が銀山の桟橋トークから拾い集めた知恵の数々をご紹介します。


① 雨の銀山は意外に釣れない
雨が晴れた後、気圧の上昇局面が良く釣れるとの一致した意見がありました。


②小物ほど最初のアタリは派手。
特にウグイのアタリは派手。
大物ほど最初のアタリは地味に入る。

③銀山の真夏は凪で高気圧、スッキリした空模様ほど大物イワナのアタリが出やすい。 

春先は曇りでどんよりした日に大型イワナのアタリが出やすい。

c0232813_21560476.jpg

④湖の表層温度がサクラマスの適水温を超えたら風下じゃなくて風上を引いた方が良い。イワナは逆に風下が良い。

⑤沖は釣れないがサイズはデカイ。前の数日間に色んな方向に風が吹いていたらサイズに関わらず魚は沖にいる。

⑥大雨で強烈な濁りが北之岐川から入ってきたらクリアと濁りの境目が爆釣ライン。

⑦真夏は1~3色の浅い棚が意外とイケたりする。 

⑧ 北之岐の沖、中之岐の沖は全く釣れない。

⑨ 本流の白板~片貝出合い、北之岐のシルバーライン側の岸は魚の通り道になっている

⑩ 中之岐出合いは回遊待ち。二時間くらいは粘るべき。

どうしても釣れなければ本流の岸沿い、または北ノ岐の岸沿いをタイトに流せば何か起きるかもしれません。




正直な話、この与太話はあなたの銀山ライフの質向上につながりそうですか?
web拍手 by FC2
[PR]
by ginzanko | 2017-04-30 01:07 | レイクトローリングについて | Comments(0)

解禁期間:4月21~9月30日
c0232813_1818923.jpg
【対象魚】 イワナ・サクラマス・ニジマス

【銀山湖について】
1961年に完成したダム湖で湛水面積では日本3位の広さを誇ります。

新潟県と福島県の県境に位置しトラウトフィッシングでは開高健の『フィッシュオン』で大岩魚が釣れる湖として広く知られるようになりました。

c0232813_1604986.jpg
【アクセス】

練馬インターから関越自動車道で小出インターまで約2時間30分。

小出インターよりシルバーライン経由で銀山平まで約40分。

合計で練馬より約3時間10分。


関越自動車道の小出インターで降りたあとしばらく下道で走った後に忽然と現れるこの道路標識。

c0232813_23233865.jpg


銀山湖(ダムサイト&銀山平)へ到るには新潟県側からは二通りの方法があります。

昔からロマン派は酷道ルート、実利派はシルバーラインを通るという棲み分けがあったようです。

この道路標識がその分岐点となります。

①酷道352号ルート(2輪車可・冬季閉鎖・6月~通行可)

c0232813_09564234.jpg
標識を直進します。

最初の入りは常識的ですが

すぐにこんな風に

c0232813_09565993.jpg
なんだ余裕じゃねえか・・と思うのもつかの間
c0232813_09570850.jpg
すぐに蛇が這ったようなきついヘアピンカーブが乱打します。

c0232813_09210764.jpg
このルートを選んでしまったことを後悔するようなヘアピンカーブの連続。

現在はガードレールがありますが、銀山湖の黎明期・昭和時代は崖下に転落する『マイカー』が絶えなかったようです。

c0232813_09571954.jpg

そして毎回思うのですが逃げ場の無い道でどのようにして落石に注意すればよいのか?

c0232813_10050817.jpg
こんな道が20kmも延々と続きます。

そして・・

c0232813_09213002.jpg

振り返るとこの風景。


c0232813_09214327.jpg

なんど振り返ってもこの風景。

普段は車酔いしない方でも最後は込み上げるものを抑え込むことでかなりキツくなってくると思います。


酷道の半ばで現れる箸休め区間。




銀山平に到着です。
c0232813_09221250.jpg
ここからしばらくは比較的平坦な道が続きます。


c0232813_765962.jpg
銀山平の桟橋
c0232813_23414191.jpg


皆さんの多くはこの頃にはヘロヘロで釣りどころではないかもしれません。

ですが銀山湖はコマセ禁止ですので到着早々に湖にぶちまけないようにしてください。

酷道ルートだと小出ICから銀山平まで約一時間。

酷道は更に過酷になり福島県側へと続きますが湖釣りの皆さんはここ銀山平が終点です。

渓流釣りの方はその気になれば酷道をさらに進むこともできます。

次は第2のルートであるシルバーラインです。

②シルバーラインルート
(2輪車禁止)


先ほどの分岐の標識を左折します。


まずはメロディーラインに出迎えられます。
c0232813_23263462.jpg

しかし優しい調べに誘われて入口のゲートを潜ると
景色を鑑賞する間も無く、
すぐにトンネルに入ります。
c0232813_23264121.jpg


素掘りの色気がないトンネルが延々と続きます。

トンネル入り口から銀山平まで17km。
ダムサイトまで行くなら22km。

途中で何回かトンネルが区切れますが基本はこの光景がひたすら続きます。

関越自動車トンネルより9キロ長い。
c0232813_23264868.jpg
しかも、このトンネルは高速道路ではない上に舗装にガタがきており、あまりスピードが出せません。

バイクが通行禁止だと言うのもうなずけます。



次第に『ここから出してくれぇ~』になる人もいるでしょう。

酷道よりははるかに快適ですが閉所恐怖の方はキツいと思います。

小出ICからシルバーライン経由で約40分で銀山平に到着します。

そして長いトンネルの終点に忽然と現れる銀山湖。

c0232813_1251572.jpg
【銀山平】

c0232813_19084370.jpg
【銀山湖に流れ込む北の岐川】


どちらのルートでも実に霹靂とする道のりです。

しかし、実はこれ、開高健の世界と下界を完全に遮断する重要な舞台装置なのです。

銀山湖は釣り人の桃源郷。

下界とは連続性があってはならないのです。
c0232813_19082864.jpg
【銀山湖での釣り】
まず、最初に結論を言ってしまいます。

銀山湖はそんなに釣れません。

サイズを問わずツ抜けしようもんなら爆釣の部類だと思って下さい。

河川部は割と釣れますが、湖は・・・・

銀山の釣りは釣法とシーズンに大きく左右されます。

前回はボーズ、今回の釣行もボーズかな・・・と思いきや50オーバーのイワナをゲット。

そんな釣れる、釣れないのビミョーなブレンドが銀山湖の魅力です。

c0232813_8354599.jpg


銀山湖では下記の釣法でトラウトを狙うことが出来ます。

① ルアー
② フライ
③ ムーチング
④ トローリング

c0232813_20591521.jpg

ルアー
湖では解禁当初から5月一杯までの釣法です。

6月以降は流入河川に舞台が移ります。

銀山湖はダム湖なのでオカッパリはあまり現実的な選択肢ではありません。

釣り宿が貸し出すエンジン船からの釣りがメインになります。


フライ
銀山湖ではフライはあまり釣れないと囁かれているせいか流込み以外ではフライマンは滅多に見かけません。

銀山湖の流れ込み、下流の大鳥、また各流入河川では盛んな釣法です。


ムーチング
ムーチングとはワンド内などに船を係留しワカサギを餌にしてトラウトを狙う釣りです。活き餌だから場所さえ間違えなければ釣果はお墨付きです。


レイクトローリング
レイクトローリングは鉛が入ったラインでルアーを深いレンジに沈め、エンジンボートで引っ張る釣りです。

ルアーロッドを船べりに固定しクルーズする感じです。↓



c0232813_08030189.jpg

【大物への近道・レイクトローリング

単刀直入に言うとこの湖での大物釣果の8割はレイクトローリングによるものです。

ルアーキャスティング、フライによる釣りは湖に限定すると5月一杯がシーズンです。

実質的に1ヶ月しかないシーズンでは釣果は限られます。

その一方で、レイクトローリングはシーズン開始から9月まで目一杯楽しめます。

何故ならばレイクトローリングではレッドコアラインでルアーを魚のステイする層にダイレクトに流せるからです。

だから、晩春はおろか真夏のピーカンでさえ釣れる。

このアドバンテージはとてつもない大きい。



c0232813_09103792.jpg



朝マズメはルアーキャスティングやフライ。陽が昇ったらレイクトローリング。

これで素晴らしく充実した銀山ライフを送ることができます。



まあ、結局はどうやったってレイクトローリングが好きな人間が書いてるブログなので、最終的にはレイクトローリングをおすすめする結論にしかなりません。サーセンwww


c0232813_06234437.jpg
          【満水の銀山平】




【銀山平流れ込みでのオカッパリ】
c0232813_22360953.jpg
銀山平は銀山湖で唯一、比較的手軽にオカッパリができる場所です。

釣れる魚の9割は放流虹鱒です。

ここは解禁から定期的に虹鱒が放流されるので夏でもポツリポツリ釣れます。

定員は常に3人ほどで競争率が高いポイントになっています。



c0232813_23371495.jpg
   【減水で遠浅の銀山平】

ここは水位によってはムチャクチャ遠浅で釣りにならない時があります。

遊覧船乗り場から水位が確認できます。(インレットにいきなり入ると状況が把握できない)



c0232813_10451153.jpg
【虹鱒じゃなくて銀山イワナを釣りたい❕

5月を過ぎ、湖のルアーやフライのシーズンは終わってしまった。

船舶免許もねえし、レイクトローリングは後回しだ❕

どうしてもルアーやフライで銀山イワナを釣りたい。虹鱒じゃ嫌だ❗

いう方。


6月以降に銀山を訪れるあなたには

①6月下旬以降の銀山湖への流入河川

②銀山湖下流の大鳥ダム

をお勧めします。
c0232813_22483347.jpg
銀山湖への流入河川、銀山湖下流にある大鳥ともに河川なのでボート無しで釣ることができます。


ルアーやフライで禁漁まで楽しめます。


c0232813_09122284.jpg

【中荒沢@銀山平】

①まず、各流入河川ですが結構釣れます。魚影も濃い。

そして雪が多い土地柄、シーズン開始が遅い。雪どけ水が落ち着く7月が幕開けです。

7月に入って真面目に釣れば坊主は普通ありません。

しかし、大きい魚は秋口までは湖にいるので川で釣れる魚のサイズは小さめです。
c0232813_09122947.jpg
7月~9月の大雨で水量が一気に増すと湖から支流に遡上する個体がいるようです。

ただし、8月に入ってから銀山に来る方はアブに対峙する覚悟と準備が必要です。詳しくはこちら↓


c0232813_20312066.jpg

②銀山湖下流にある『大鳥ダム』は50オーバーの大イワナ、大ヤマメが釣れることで有名な大型の渓流です


2011年には75cmの岩魚が釣れています。
c0232813_08582898.jpg
   【2011年に釣られた75cmのイワナ(奥)】

銀山湖から発電放水の際にワカサギが下流の大鳥(只見川)に流下します。

そのワカサギをトラウトたちが飽食するため通常の渓流ではあり得ないサイズまでトラウトが成長できると考えられています。

ただし、大鳥に個人が車で乗り入れることは出来ません。

何故ならばダムサイトから大鳥へ通じる道は電源開発の管理道路だからです。

ダムサイトにある釣り宿が釣り場まで送迎しています。
c0232813_23145533.jpg

【船舶免許の重要性】

とは言え、多くのアングラーの登竜門は銀山湖です。

岸からでも楽しめる自然湖とは違い、ダム湖である銀山湖をエンジン船で攻めるのはmustです。

何しろ湛水面積で日本3位の広さを誇るダム湖です。

五万円で取得できるものなので持っていて損はしません。

湖川専用の船舶免許は講習半日、実地試験半日で取得出来ます。


広大で、神秘的、ワンドが複雑に入り込んだ銀山湖はまるでトラウトフィッシングのテーマパークのような場所です。

エンジン船でこそ触れることが出来る世界がそこにはあります。

ぜひ肌で感じてみてください。

c0232813_00173574.jpg

【遊漁券】
券は銀山平の船宿などで購入出来ます。
日券 1080円


c0232813_10451153.jpg
【食事】

銀山平周辺にはコンビニ、ガソリンスタンド等はありません。

以前は銀山平に売店がいくつかありましたが2016年をもってほぼ全滅してしまいました。

c0232813_22480877.jpg
銀山平では(宿に宿泊しない場合は)飲み物の自動販売機&温泉くらいしか利用できないと言う認識でよいと思います。

銀山平に入る方は下界のコンビニで昼食などを買うことをお勧めします。

一方でダムサイトには釣宿&ドライブイン&売店があります。


ガソリンタンクのひと目盛り分くらいはガソリンを残しておきましょう。(小出市内を出るとガソリンスタンドはありません)



c0232813_16162326.jpg
【銀山平・白銀の湯】



まとめ
銀山湖を訪れたいと思われたのなら、ぜひとも一度はその魅力をベストな時期にベストな釣り方で触れてみてほしいなと思っています。

私自身も魚野川での渓流のルアーやフライを嗜みつつも『銀山』の世界にドはまりしてしまいました。

確かに銀山は成魚放流がメインの湖ほどは釣れません。

何回か来れば1回くらいはボーズを喰らいます。

『銀山は雰囲気込みの湖だからね・・・』と釣り人が言うくらいです。

釣果だけを重視するなら釣れる湖とは言い難い。

しかし、釣れたときの歓びはひとしおです。

特に稚魚から銀山湖で50オーバーまで成長した大イワナには凄いオーラがあります。

c0232813_19171086.jpg

銀山湖の世界は面積や規模だけではなくもちろん釣りの哲学的にもほんとに広くて深くて、一生かけても探求しつくせないでしょう。

初めて銀山を訪れる皆さんが夢の大イワナと出会え、そして素晴らしい銀山の世界に足を踏み出せることを願っています。

銀山のシーズン表

c0232813_15255698.jpg


今後の記事作成の参考にしたいと思いますので役に立ったと思ったら拍手クリックをお願いします。



web拍手 by FC2









[PR]
by ginzanko | 2017-04-08 20:32 | 銀山湖 魚野川釣りガイド | Comments(0)