魚野川 トラウト 5月26日

平日の銀山へ1泊2日の空き巣釣行を企てたら毎度のごとく雨予報。

最近どうも噛み合ってない。

雨の銀山は心身ともに壊滅的なダメージを喰らうので一日目は大事をとって魚野川へ。

途中で温泉やら昼寝やらしていたら湯沢に到着したのは午後4時。

c0232813_21135238.jpg
時間的に支流に入るか、本流を下るかのニ択なので、増水の具合を見て下流へ。

雨が降っていた割には水量&色ともいい感じ。


時間的に六日町より下流はキツいかな?

橋から流れを物色しながら塩沢で適当な橋を見繕い入渓。

c0232813_21140922.jpg
最高の水量だったけどやっぱりこの時期これだけアクセスがいい場所だと相当攻められているのは間違いない。

スプーンを落ち込みから瀬の中にリーリングせずに泳がせる


10投ほどして下ろうとすると竿先に違和感・・
ルアーが糸に絡まった?


c0232813_21141956.jpg
ヤマメだった。
魚野川ちゃんと魚いるのね。

c0232813_21142277.jpg
さらにずーっと下っていくと2011年の大水前は一級ポイントだった場所に行き当たる。

当時はここはトロ場だったがすっかり埋まってしまった模様。

テトラ上からスプーンを放り込むとテトラ下から大きい魚影が急浮上してあわや・・・というのも今となっては昔話。


戻る途中に橋げたの上で様子を見ていたジモティー・ジェントルメンから恒例の『釣れたけ?』トーク。

期待に応えるべく頭の上で大きなバッテンを作ると私の答えに満足したように

『だろ?ここで釣ってる人に聞いてもみんな手でバッテンだ。釣れねえっていうより魚がいねえな』

正直、昔から魚野川が『釣れる川』であったためしはない。

けれど2011年の大水で大きく貯魚量を減らした感はある。

魚野川は釣れなくなったと言う認識が広まるのはあまり良くない。
c0232813_21384730.jpg

釣れないという評判が広まると釣り人が減る。

魚野川には河川工事もそうだけどカワウと言う問題もある。

釣り人は金を払ってまでカカシ役を引き受けてくれるありがたい人である。


釣り人を絶やさないためにも今後も漁協にニジマスの放流は継続的にドバドバお願いしたい。

来年も年券買っちゃいますから。

支流にイワナ・ヤマメの再生産を任せて、本流は越冬の大イワナとスーパーレインボー。

夢があると思うんだけどな。


web拍手 by FC2








[PR]
by ginzanko | 2017-05-28 21:39 | 銀山湖&魚野川釣行記 2017 | Comments(0)