魚野川 今季初釣行 2017年4月29日&30日

4月29日

銀山も魚野川も年券買ってたけど雪もあるし、水も多いしで結局GWまでずれ込んでしまった。

水量的には最悪を覚悟しての釣行となった。

まずは湯沢の野口裏。
c0232813_20231641.jpg
川がフルモデルチェンジ。

手前の流れを潰して向こう側の本流に流れをまとめただけ。

治水に詳しいわけではないが何のための河川工事かさっぱり検討がつかない。

釣り人のエゴかもしれないがもう少し人のため、魚のためになる公共事業のあり方はないものか?


雨が強く降り始めたので一旦撤収。状況把握を兼ねて下流へ。

六日町到着

雨のせいで凄い水量。
ここで雷雨に変わり手も足も出ず。

旭橋下流。
c0232813_20162552.jpg
居そうな場所は何ヵ所もあるけど毎回お留守。

2011年大水以降は川の構造が変わった。旭橋付近には魚がいなくなったと思う。

いや、いるのかもしれないが釣れない魚は釣り人にとっては居ないに等しい。


さらに小出まで行くも雷雨が本格化。釣りどころではなくなる。

銀山のほうでもビカビカ光っている。


雨が止むのを待っていてもしようがないのでお天気アプリをチェック。

雨雲がかかっていない塩沢方面に向かう。


塩沢地区のかつての名ポイント『日通裏』

ポイントがフルモデルチェンジを経て全く食指が伸びなくなった。
c0232813_20163131.jpg

奥に良さげな落ち込みがあり一瞬足が向かい始める。

その瞬間に落ち込みから川鵜が顔を出して飛び立っていく。

河川改修だけではない。
川鵜もまた魚野川不調説の一因。

あの勢いで食いつくされたら、ただでさえ少ないヤマメや虹鱒なんて根こそぎ瞬殺でしょう。

渓流釣りは言うに及ばず本流釣りでもポイントは熟知せずとも川の付近の大石やテトラに鳥の糞があれば鉄板のポイントと言える。

『おお、良いね。ここ、いそうだね』という淵や落ちこみ付近には必ずと言っていいほど魚食鳥の糞がある。

川鵜等の脅威が顕著になればなるほどイワナはテトラ最深部の底にへばりつき、スーパーレインボーは太く、深く、荒い流れの流芯の底に鎮座するようになる。

こうなると擬似餌ではお手上げである。
今後は本流餌師の釣果に期待したい。


c0232813_20164613.jpg
最後の頼みの綱、水量に影響を受けない湯沢のGALA湖に来てみるもアタリなし。

以前は鯉やウグイを始め、イワナや虹鱒の越冬個体がたむろっていた。

ここも流れが変わってからいまいち。
相当浅くなった?


左手の用水路の落ち込みは上流からの生活排水の温水が流れ込むのでこの時期は魚がいることが多い。

ここもお留守。
あまりのドブ臭さに閉口する。

今日はここでおしまい。


4月30日

朝5:00に目が覚めるがすごく寒い。
布団から出る気が起きず結局6:30に出る。



c0232813_20295138.jpg
大源太湖。堰堤の補修だという話だが浚渫もしたらいかがだろうか?

浚渫しないならこのまま足場を残していっそのこと漁協を絡めて管理釣り場にすれば結構いけるんじゃね?

と勝手な妄想しながらインレット側に向かう。

上流のレストラン付近にはすでに先行者あり。
大源太下流へ。

c0232813_20300038.jpg
さすがGW。要所要所には釣り人がいる。
このポイントは期待したが空振り。
もう少し暖かくなればいいかも。


c0232813_20334524.jpg
塩沢まで下る。

水量的にもう二段階ほど落ち着いてほしい。爆流ではないが流れが強すぎる。

いい場所があってもルアーが浮いてしまいどうにもならない。

魚影、アタリともなし。


c0232813_20345703.jpg


今度は一気に山を登り清津川へ向かう。
写真はかぐら三俣の東電取水堰。
国道17号を三国峠に向かうと三俣のスキー場あたりの右手に見えてくる堰だ。
c0232813_10581153.jpg

この辺一帯は『清津川ダム』として水没する運命にあった。1966年にダム計画の話が持ち上がる。

しかし、地元でも反対も多かったこのダムの建設は2000年代の初頭に頓挫することになる。

ここで取水された水は山を越え発電に使われた後に湯沢Gala湖、つまり別の河川である魚野川に放水される。
c0232813_10580048.jpg

このときに清津川から落ちたエゾイワナ系の『三俣の大イワナ』が山を越え、発電タービンのシュレッダーを生き延び、たどり着いた湯沢Gala湖で釣れたりする。

このため地元では在来のニッコウイワナと区別して『ワープ・イワナ』として熱い釣り対象魚となっている。

この水やイワナの帰属をめぐり、清津川が流れる十日町や魚野川が流れる旧塩沢町&湯沢町の間には昔から確執があった。

湯沢や塩沢で釣りをする人間はその辺の先人の苦労に思いをはせて釣りをすべきである。

その清津川でも例年なら5月終わりのシーズン明けになるのだがもう釣れ始めているらしいと噂を地元で聞いた。

次はGW後半に再挑戦の予定。

(このブログの話は基本は事実に基づいていますが湯沢の酒飲みオヤジ風の法螺話も交えてあります。ご了承下さい)


web拍手 by FC2










[PR]
Commented by はま at 2017-05-01 13:13 x
こんにちは。
今年も新潟の釣り始動した様でなによりですね。

当方は銀山解禁釣行を前に、GW休みが28日からSTしましたので
丸沼特別解禁の触れ込みを迂闊にも信じて行ってきましたが、宣伝の様な
釣果には恵まれずに帰ってきました。
それでも、気分的には管理釣り場のそれとは異なりますのでGOODでしたが。

今年の銀山解禁釣行は4日、5日で行ってきますので状況は追ってブログにて
紹介させてもらいますね。

今から、銀山釣行に向けたリーダーやらリールの準備をするところです。
ではまた
Commented by ginzanko at 2017-05-01 20:49
浜さん

お互いに釣果を意識した本格始動は5月過ぎてからなのようなのでこの時期は儀礼的な意味合いが濃いですが、銀山始まったらボチボチ本気モードで行きたいです。

今は管理釣場、放流主体でも簡単な釣り場は無くなりましたね。
by ginzanko | 2017-04-30 20:37 | 銀山湖&魚野川釣行記 2017 | Comments(2)