魚野川のトラウトフィッシング 

魚野川へようこそ

新潟県の魚沼地方を流れる魚野川の魅力は首都圏から高速で2~3時間というアクセスの良さです。
c0232813_20163131.jpg
魚沼地方の街中、魚沼コシヒカリを育む田園の中を流れる本流で手軽に大型岩魚、ヤマメ、ニジマスが釣れることで魚野川は有名です。


c0232813_23102233.jpg
▲六日町~塩沢間の本流-出ればデカイ 


魚野川のシーズン

《3月》
3月の魚野川はまだ冬です。

支流は釣りどころの話ではありません。

本流は話題がてらに一発を狙いに来る時期です。

ボウズ上等と思っていれば落胆することも無いでしょう。

釣り以前に自然環境が厳しい時期です。

3月は

1. スノーシューが必要です。

2. 川原に降りる頃には汗だくなので着替えや速乾性のウェアが必要です。

3. 積雪で川原付近に駐車スペースがないので2輪をお持ちのかたは2輪での釣行をお勧めします。



《4月》
土手の雪も消え、本流はいよいよシーズンになります。

ただし雪代が入るまでの間です。

雪代が入る時間帯、陽気になると釣りは終わりです。

まず、雪解け水が川に流入すると水温が急激に低下するので魚の活性が落ちます。

エメラルドグリーンの流れになっているときは雪代が流れ込んでいるサインです。

メロンソーダにカルピスを混ぜたような感じになるとその流れは終日ゲームオーバーです。

何より水量が急激に増加するので物理的に疑似餌を流すことが難しくなります。

雪代が入らない日は日中(10時から15時)の方が良い気がします。


《5月》
GWは雪解けが最高潮。爆流で釣りどころではありません。

例年はこの爆流でGW付近が一番釣りになりません。

GWは関越自動車道の小出インターから車で40分の銀山湖をおすすめします。


GWの銀山湖は魚野川とは逆にベストシーズンだからです。

魚野川はGWが終わってからでも十分間に合います。

この爆流がおさまる5月半ばからが魚野川のピーク・シーズンです。
c0232813_22493088.jpg

魚野川が初めての方にはこのシーズン(5月中旬~6月中旬)をおすすめしたい。

釣果に色気を持てる時期です。

c0232813_0195184.jpg


《6月》
本流上流は中旬までは盛期です。

本流の下流域ではイワナは消え、ヤマメとスーパーレインボーのシーズンが訪れます。

6月後半になると本流のルアーはいよいよ厳しくなり、本流はフライの季節になります。

支流はフライが好調の時期です。

c0232813_13245490.jpg
▲湯沢付近の本流


《7月~9月》
もっぱら渓流の季節になりますが、源流なら8月昼間のドピーカンでも行けます。

魚沼漁協管轄の清津川は7月からいよいよ最盛期を迎えます。


c0232813_10071553.jpg




魚野川には年間を通して通いたい

魚野川は年券がお勧めです。
日券は2000円を越えます。コスパで見ると見合わない。
じっくり通って夢を追う為には年券が望ましい。

探る流域も関越トンネル出口から堀之内まで50kmと本流だけでも広大です

一日、二日で結果を出そうというのは少し無理があります


c0232813_10561240.jpg

本流釣りに支流の釣りを組み合わせて数を出す中でサイズを狙うのが魚野川の釣りです。

休みの遣り繰りが難しい方は

魚野川は地元や関東圏の方が年間を通して通いこんで釣果を見るタイプの川です。

休日のやりくりが難しい、魚沼にはせいぜい年数回しか来ることができない・・・・でも大物を・・・という方には銀山湖or大鳥ダムがお勧めです。


銀山は湖の釣りですので渓流釣りのように数は出ません。簡単でもありません。

しかし、50~60cmオーバーのイワナに出会える可能性はやはり銀山のほうがはるかに高い。

大鳥は銀山湖の下流にある秘境の渓流です。2011年には75cmのイワナが釣れています。

渓流の釣り、本流の釣り、湖の釣り。

魚沼ではどの釣りも車で1時間程度の範囲に収まっています。

銀山&大鳥は関越道・小出インターから車で40分で訪れることが出来るので一度は見学に訪れてみてください。

釣り宿で情報を仕入れる

私は銀山湖に行くときは毎回のように釣り宿に泊まりますが、魚野川においても釣り宿の情報力は侮れません。

何年も通っていて全く気づかないような㊙ポイントをまさにピンポイントで教えてもらえます。

また、コアな釣り人が集まるのでテクニックや有望な流域に関する情報交換も出来ます。私も数々の釣り技を伝授して頂きました。



c0232813_09133175.jpg

▲銀山湖

魚野川での使用タックル

魚野川は40、50オーバーのレインボーや雪代に育まれた特大イワナを狙う川です。

管釣りや渓流で使うようなチンケなペナペナロッドはここでは洋梨です。

ベビーなルアーを向こう岸までぶん投げて、底を引き倒してナンボの川なのです。

また、魚野川に来られる方なら抜かりはないと思いますが魚野川は非常に押しが強い川です。

大きな魚は一定の条件が揃わない限り、底やストラクチャーから大きく浮いてしまったルアーには喰らいつかないのは皆様もご存知の通りです。

c0232813_20334524.jpg

ロッドはしっかりした本流ロッド、ルアーはガッチリと底が取れるルアーが良いでしょう。

私は支流ではDコン、スピナーを好んで使用していますが、本流ではラパラCD3~7をメインに、スプーンの場合は10グラム以上の細身タイプを多用しています。

c0232813_09145391.jpg
 ▲大鳥の75cmイワナ(奥) & 50cm(手前)
       


c0232813_09145907.jpg
 ▲銀山平-銀山湖に流れ込む北の又川
9月になると50~60cmクラスのイワナ・サクラが釣れることも



①魚野川は豪雪地帯を流れる川ですので雪どけ水が釣りのシーズンを大きく左右します。

②魚野川は大物が狙えますが関東の成魚放流メインの川と比べるとかなりシビアです。日券は高いので年券を強力にお勧めします。

③出来ればポイントや傾向を知るために釣り宿の利用をお勧めします。

④魚野川は押しが強い。ロッドはしっかりした本流ロッド、ルアーはしっかりと底が取れるルアーが必須です。



今後の記事作成の参考にしたいと思いますので役に立ったと思ったら拍手クリックをお願いします。


web拍手 by FC2






関連記事








[PR]
by ginzanko | 2016-10-19 20:18 | 銀山湖 魚野川釣りガイド | Comments(0)